看護キャリア

看護キャリア形成について

基本的に、看護助手、看護師、准看護士、助産師、保健師という分類にわかれるかと思います。

【看護助手】は資格は特に必要なくなることが可能です。
民間の資格試験があります。持っておくと有利かもしれません。
看護師の補佐として仕事をしていく形なので、看護師が働いている場所で就職・採用されることでしょう。

【看護師】は国家資格取得者がなるこのできる職業です。
働き口はクリニック、病院、診療所、訪問看護、福祉施設、教育施設、介護保険施設、企業の健康管理室などです。

【准看護師】は都道府県が実施する試験により免許を取得する形になります。
看護師よりもワンランク下がるという感じでしょうか。
仕事内容は診療の補助、医療的なケア、患者や家族の心のケアなどで、医師や看護師の指示のもとで行います。

【助産師】は看護師になった方がなれる職業です。
国家資格の助産師免許の取得も必要になります。
かつ女性のみがなれる職業です。
なぜなら、妊婦の体調管理や心のケア、出産時の介助、女性ならではの健康問題をサポートするなどの仕事があるからです。

【保健師】は看護師になった方がなれる職業で、国家資格の保健師免許の取得も必要になります。
保健師の仕事は、全ての人がケア対象となります。健康増進、病気予防、健康管理活動などを担います。健康志向の日本においては需要も高まっており常に人手不足です。

キャリアを考えると→専門看護師、認定看護師、看護師長、企業看護師、訪問看護師、国際看護師と分類できます。

認定看護師の中に含まれるのは、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、がん放射線療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、手術看護、小児救急看護、新生児集中ケア、摂食・嚥下障害看護、透析看護、糖尿病看護、乳がん看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア、不妊症看護、訪問看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護。

専門看護師の中に含まれるのは、がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、災害看護、感染症看護、家族支援、在宅看護、遺伝看護。

今後の日本を考えると、医療技術の発達により高度な治療を受けられるようになり、過去には助からなかった命を救えるようになってきています。命を救えたとしても、その後のケアを十分に受けられなければなりません。そこで看護師のような職業が重要になってくるのです。救える命が多くなればなるほど、看護師の人数も増やしていかなくてはなりません。
また、高齢者の人数が増加していきますので、それに伴い老人施設も増えてきています。そうしたところにもまた看護の手が必要となってきます。
看護師は責任や体力を必要とされるただでさえ大変な職種ですが、人材不足により1人の働き手に多くの労働をさせている現状があります。このことは、医療ミスを発生させたり、離職につながったりしてしまうのです。
どうしていくことが良いのか皆さんで考えていきたい重要な課題ですね。

予備校~看護師見習いを育成し未来へ貢献~